カテゴリ:@レンタルDVD,他♪( 9 )
おっぱいバレー

DVDで「おっぱいバレー」観た。

おっぱいバレー公式サイト

放送作家;水野宗徳の実話を基にしたといわれる映画。

東映にエイベックスが咬んでいる面白いタッグ。

a0033643_173478.jpg


不覚にも感動して泣いちゃったww

仲村トオルもいい白髪加減の仕立てに「ナイス!おっぱい!」のせりふにぐっときてしまった。

綾瀬はるかは作品に恵まれているな・・ ・


a0033643_1715888.jpg
a0033643_1722234.jpg

[PR]
by 003_Thief | 2009-10-28 17:03 | @レンタルDVD,他♪
唄う 柴崎コウ


柴咲コウ プレミアム・ファーストライブ~invitation~ [DVD]  
を、薬切れでの早朝覚醒で薬増量するのもはばかられ
早朝から流してた。
以前にどなたからか都内の呑み屋で「観てよー」って手渡されたままになってたんだ。
あれからもう2年近く経つ。


彼女、女優さんだよね。
「よみがえり」って映画だったかな?
そこで歌手役としてデビューしたのが音楽仕事のとっかかりに様子。

a0033643_5403234.jpg


目のキレがいい女性がでてきたな、と思いきやさいきんの月9で山ピーと共演してた

a0033643_5413860.jpg


北川景子と顔かたちが似ている。

ふと調べたらお二方とも同じスターダストプロモーション
オスカーさんとは、以前に、本仮屋ユイカを起用した2時間ドラマの本を書かせていただいたことがある。

「元雑誌モデル」から女優に、あわよくば歌も、っていうコース踏んでるんだろうね。
柴崎コウ。

憎めないなww
可愛かないけど<女目線
でも男目線ではうけるタイプなんだろーなぁ・・・ ・

あ、「コウ」って、わたし彼女のフルネーム「柴崎咲」って書くんだとばっかりおもってたわ。


で、liveの出来、と云えば・・・
ぶっちゃけ、素人の発表会ってかんじでしたぁ・・・残念。
まだ持ち歌、少ないしね。
舞台演出も、金かけてないなぁ、って感が否めなかったし
でも彼女のファンにとってはプレミアムな一枚なことでしょう。


近年、彼女が歌った福山さんの「最愛」って曲はわたし、かなりすきなんですけどね・・・^^



あぁ、年末、心に染みるソウルを躍らせてくれるような
そんな人のliveに行きたいなぁ・・・

特に「誰」ってことは今はないんだけど刺激がほしい今日この頃。
やっぱ「生ライブ」は何が突発的に起きるかわからんし、おもしろいよね。
舞台(芝居)と似ている。

パフォーマー自身はきっとテンションアゲアゲなんだろうけど
それが逆に空回りすると寒い舞台になってしまう。
当日の観客と劇場(箱の大きさ)との関係性も大なんだろうね。
そこを旨くこなすのがプロなんだろうな・・・ ・


そういうプロをさいきんわたしは観ない。
わたしの目が曇ってるんだろうな。
雑念やら薬やらで。

己がクリアになった頃、またもいちど観させてもらいます。ありがとございました。。
[PR]
by 003_Thief | 2009-10-24 05:34 | @レンタルDVD,他♪
ライブのDVD


わたしら世代(1963生)のどまんなか、


さいきんの世良正則
宇崎竜童のサクセス♪


彼ら、未だに聴くと観ると血が騒ぐ。

世良さんは頭も薄くなっちゃってバンダナ巻いてるけど素敵。
宇崎さんのサクセスは「待たせたねー♪」という歌詞のところで「うん!うん!待った待ったんだよぉーー」

と泣きそうになる。
宇崎さんは我がふるさと、清水の復興にも一役かっているお方。
一度、奥方の阿木さんと某雑誌で取材対談したことあるけど
いい女だなぁ、っておもった。

たまたまわたしが30の頃に使ってた香りと同じ香りがした。
訊いたら、エスティローダーのホワイトリネンよ、と微笑まれた。

あの香り、もう何年も使ってない。
思い出してしまう。その頃のことが。
すきな香りなんだけど。

今はあまり強い香りはわたしつけない。
化粧もアクセサリーも引き算するようになった。
「もの足らない」ぐらいのおしゃれがちょうどいい。

-------

一青幼のライブDVDが送られてきた。
以前に京都祇園のどこかのお寺で演ったときのやつだ。
あれは生で観た。聴いた。
昭和歌謡なんかもうたっちゃってて、すてきだった。
こういう方と一度おしごとしてみたい。
関係者の方、よろしくです←コネつけてくださいmm
[PR]
by 003_Thief | 2009-10-20 21:49 | @レンタルDVD,他♪
クワイエットルームへようこそ


a0033643_16502887.jpg

クワイエットルームへようこそを観ている。
松尾スズキ氏のものと知り、
ツタヤで手に取った。

「観ている」というのは、
未だ全部観終えていないからだ。







閉鎖病棟に入院暦のあるわたしとしては
ちょっとこの映画、手に取ったことを後悔している。

つづきはまた書きます



a0033643_16564766.jpg



-----------


つづきです。
全部、観終えました。

映画の印象としては、メッセージ色の強い映画だったなぁ、ということ。
やわらかい生活 ←同じく にも出ておられた妻夫木聡氏。

彼はちょい役のほうがいい味出すね。
主役で出た映画よりもいい。

なんか切ない映画でした。
いかにも松尾さんとクドカン絡みの作品だなぁ、と感じました。



私的な感情でちょい脱線するんで、この後はこちらに書きます。
[PR]
by 003_Thief | 2008-05-07 16:53 | @レンタルDVD,他♪
アルゼンチンババア
アルゼンチンババアをDVDで今更ながらに観た。

a0033643_17143014.jpg
鈴木京香はいったい何歳の設定だったんだろう?
皆、臭がっていたが何の臭いだったのか?

原作が、ばななさんと知りちょっとびっくり。




ぶっちゃけ、
あんまりぐっとくる映画ではなかった。
わざわざ映画館で上映するもんでもなかろう。
TVの2時間ドラマ枠で充分な気がしたのはわたしだけだろか?

唯一、役所さんは個人的に嫌いではないけれど、
この役柄の彼はおもしろいな、と。おもいました。
[PR]
by 003_Thief | 2008-04-12 17:19 | @レンタルDVD,他♪
THE 有頂天ホテル ・ ALWAYS 三丁目の夕日


THE 有頂天ホテル を観た後で、ALWAYS 三丁目の夕日 を観た。

THE 有頂天ホテル は、「良いよ!」というお勧めの言葉を多方面から聞いていただけに
期待度大だったのだが
そのせいか、わたし的にはさほどでもなかったかな・・ww

で、欲求不満が残りそうだったのでその後もう1本、観たわけで・・・www



対比して、
ALWAYS 三丁目の夕日 はあまり期待していなかっただけに、ぐっときた。
親子で観れるいい映画だな、と思った。






THE 有頂天ホテル

三谷さんらしい映画だなぁ・・としみじみ笑える箇所が随所にあったね。
まぁ、あえての狙いなんだろうけど、主役クラスの俳優陣をよくもあそこまで揃えたな、と。

本の内容としては、正直、まとまりがなくて物足らなさが残ったがこれもご愛嬌、というところか。





ALWAYS 三丁目の夕日

子役に泣かされた。
見れば「あぁ、この人だったのね」と知る俳優なのに、なぜか名前がすっと出てこない、
そんな
云わば実力を備えた俳優陣に、むなぐら、つかまれちゃった感じ。
すきだなぁ。わたし、こういう映画。
[PR]
by 003_Thief | 2006-08-29 00:38 | @レンタルDVD,他♪
猟奇的な彼女
goo映画サイト



**** あらすじ ****
大学生のキョヌ(チャ・テヒョン)は、電車内で酔っ払っている「彼女」と出会う。
意識のない「彼女」をほっておけず、仕方なくホテルへ運ぶが、
そこへ突然警官が現れた。
翌朝、留置所から出たキョヌに「彼女」からの呼び出しが…。
「私に何をしたのよ!」と問い詰める「彼女」に、キョヌは昨夜のいきさつを話し、
キョヌと「彼女」の不思議な関係が始まった。
見た目と違って気が強く、ワイルドで強引な「彼女」に振り回されるキョヌだったが、
その真っ直ぐな瞳に、次第に特別な感情を抱いていく。



「猟奇的」って、サイコな事件でも起こるのか…? と思いきや、
実はハートフルなラブ・コメディという、
意外性が魅力の本作は、ちょっぴり不思議な男女の仲をキュートに描いた作品。
インターネットに掲載された、実話を元に作られたコメディだ。
男の子がどんどん気弱になり、女の子がどんどん強くなっている社会情勢は、
日本も変わりないけれど、この「彼女」は普通以上に辛口。

殴る蹴る、叫ぶ脅す怒鳴り散らす…
その清楚な容姿からは似ても似つかない暴れん坊ぶりを発揮する。
「猟奇的」とはいいながら、それは韓国独特の意味で、
個性的、面白くて突拍子もない、といったプラスのイメージに使われている。
ボンボン育ちの甘ちゃん学生キョヌが、
知らず知らず「彼女」に鍛えられて(?)いく姿が微笑ましく、
運命的とも呼べる2人の関係に、何だか暖かな気分にさせられる。







韓国ドラマに韓国映画がブームな昨今、
以前からそのタイトルにぎょっとしていたこの作品、とうとう観ました。


わたしは、韓国ものは最近の冬ソナぐらいしか知らないんだけど
日本のちょっと一昔ぐらい前の感覚で観ると、愉しめるんだなぁ、と感じた。
良く言えば、判りやすい。


これ、衛星放送でも最近、放映してたけど、そんなにウケたのかなぁ・・・


バックで流れていた曲は、悪くなかったです。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-20 20:33 | @レンタルDVD,他♪


大沢たかお・柄本明ふたりの男の心情。
静かな映画でした。

20年以上も前に別れた女房の遺品を受け取りに
新婚旅行で車で走ったルートそのままに辿る柄本。
同乗者としてのバイトを受ける大沢。

柄本さんは、ひょうひょうとした中に、どこか得体の知れない凄さみたいなものを持ってる
貴重な俳優さんですね。

勿忘草、というベタではある花。

このお盆休み、
どこに出かけるでもなくひとり部屋で過ごす身にとって
この映画はふさわしかったかな、と思います。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-14 17:39 | @レンタルDVD,他♪
映画・半落ち
半落ち公式HP
 
ビデオ屋でレンタルしてきた。
物語の前半は、つい眠くなってしまいそうな気配だったが、
中半過ぎあたりから、加速度的に物語りに飲まれてしまった。

主人公である男は、
アルツハイマーで壊れてしまう妻を自らの手で殺す。
そして、その背後には、白血病で骨髄移植も儘ならず死んでいった息子。

その後、自らがドナー登録をし、ある青年の命を救った主人公。
妻はその青年の命に亡くした息子をみる。
「逢いたい、一目だけでもその青年に逢いたい・・」

ドナー関係のルールは知りつつも、そう切望した妻。

妻の首を絞めた後、自首してくるまでの空白の2日間、
この男はその青年をただ一目、見るためだけに過ごした。
その時の男の目は、妻の目でもあったことだろうね・・


最後の最後まで、この空白の2日間の自供をしなかったのは
移植した青年の身を案じてのこと。
殺人犯の骨髄で生きている、という報道をされないが為。


人は、何の為に
誰の為に
そして何を守り、生きているのか

「病状が進んでいく妹を、殺してやることさえできなかった・・」

と叫ぶ姉の言葉・・・。



わたしは今のパートナーがもし
アルツハイマーでぼけて壊れてきた時
命をこの手で終らせてやれるだけの深い愛情があるんだろうか。

介護制度に委ねてしまうのがオチだろう・・・。



主役の寺尾さんを始めとして
多くの主役級の俳優さんたち。。
みなさん、それぞれすごくいい味が出ていました。
最初、キャストを見たとき
「こんなに大御所ばかり集まっちゃって、芝居がぶつからないのかな」

なんて思いましたが
随所ごとに、それぞれのオーラがきちんと出ていていい映画でした。



最後、
移植してもらった青年が、裁判所にまで来ていたので、
彼が
「その2日間は、僕に会いに来ていたんだ」

とでも叫びそう、と考えるのが浅はかなドラマ仕立てなのであって、
最後の最後まで
彼も、男の意思を汲んで口をつぐんでいたところは、
なんとも、人間くささ、というか、あぁ、生きているんだ、そして生きていくんだなぁ、と
しみじみ感じました。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-13 17:29 | @レンタルDVD,他♪