<   2004年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
黒柳徹子の視点
テレ朝系で放映している徹子の部屋


ゲストによりけりでたまに観るんだけど
ゲスト云々より、徹子さんのコメントが面白い。

今日は森光子さんがゲストでアテネオリンピックを振り返っての話題でした。

砲丸投げやハンマー投げの選手そのものよりも、
ジャッジマンについて興味を抱いていた徹子さん。

あんな重い珠が剛速球で飛んでくるのに
着下点すぐ側にジャッジマンがいる。
本能で逃げたくはならないのか、それがとても不思議だと語っていた。

なるほど・・・。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-30 13:32 | @情報バラエティ
山村紅葉はよくわからない
a0033643_810564.jpg


女優;山村紅葉(やまむらもみじ)は
今は亡き、推理小説家の山村美紗の娘である。
娘、とは言えども、40は過ぎているであろう。

彼女、母の作品には必ず出ている。
今は、亡き母の彼氏だったと噂のある、西村京太郎の作品ドラマにも多く出ている。

しかしながら、その他ではほとんど見ない。
不思議というか謎の多い、ミステリーものにはもってこいな人である。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-27 08:10 | @単発ドラマ
シンクロデュエット銀
a0033643_13271548.jpg


シンクロナイズドスイミングのデュエットで
日本の立花美哉、武田美保組が銀メダルを獲得した。

予想通りロシアのアナスタシア・ダビドワ、アナスタシア・エルマコワ組との
一騎打ちとなった決勝で、
日本ペアは「日本人形」をテーマに高い芸術性を披露したが、
ロシアペアも芸術点で満点を獲得するなど高得点をマーク。
惜しくも金メダルには届かなかった。


日本のデュエットは、最近、「日本色」を狙ったテーマを扱うことが多いように思う。
これは案外、世界という舞台においては「??」な遣り方なのかもしれない。
日本人形の奥ゆかしさや口に手をあてて笑うしぐさなど
海外の人の目にはどう映るのか
それが「おお!ジャパニーズ!」と喜んでもらえるのか、
果たして疑問なところである。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-26 13:30 | @報道
アテネ五輪体操ガーラ
昨晩、NHK総合をつけていたら、オリンピック番組なんだろうに、
なんだか雰囲気が違う。

体操の選手達が、入れ替わり立代わり、
芸術的な音楽と照明をバックに演技を披露して行く・・・。
思わず吸い込まれるように観てしまいました。

背後に流れるアナウンサーのガイダンスを聞くうち、それが「ガーラ」と呼ばれる
体操、新体操、トランポリンの選手達が競技の後行うエキジビジョンなのだとわかりました。


得点やメダル争いとは無縁な所で、
オリンピック選手達のショーアップされた演技。
特に女子体操選手たちは各国、特色が出ていて
ブロードウェイの舞台にそのまま立ってもOK!なような演出に目を奪われました。

男子体操選手においても、
鉄棒やあん馬、平行棒や床など、
肩の力が抜けたおどけた表情や、失敗もまた芸にしてしまうような雰囲気に
競技とはまた違う楽しみをおしえてもらえた気がします。


特に昨夜のは、ライヴではなく編集したものだっただけに
中身の濃いものとして鑑賞できました。


以前、フィギアスケートのガーラは、
テレビで観たことがあったかもしれません。
ただそれをガーラと呼ぶのだということは知りませんでした。


ガラ・コンサート(賛助出演) って言葉がありますけど、
そのガラと合通じるものなのかしら・・・
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-25 12:26 | @報道
たけしの本当は怖い家庭の医学
本当は怖い家庭の医学HP

最終警告!本当は怖い家庭の医学 危険な薬の飲み方スペシャル!!  

▽親の解熱剤を子供に半分与える…
▽微熱ですぐに風邪薬をのむ
▽鎮痛剤を甘い物とのむ
▽薬をのんだ後に謎の発しんが!
▽古い置き薬の効果は

◇薬にまつわる恐ろしいエピソードを紹介。

心筋梗塞(こうそく)で倒れながらも、一命を取り留めた男性。
再発を防ぐため濃縮型血液を改善する薬を処方され、言われた通りに服用した。
妻も夫の健康を気遣い、
独自に情報を収集し健康な血液になるといわれるものはどんどん試した。
そんな中、グレープフルーツが心臓の病気を予防するという記事を見つけた妻は、
夫のために朝晩グレープフルーツを搾るようになる。それから2週間。
夫の体に小さな異変が起こる。

ほかに、高熱を出した娘に大人用の解熱剤を半分のませた親の話などを取り上げていた。




「スティーブンス・ジョンソン症候群」
とは、

薬を飲むことによって突如発症する原因不明の病。
身体中の皮膚や粘膜を次々と破壊し、最悪の場合、死に至ることもあります。
それまで大丈夫だった薬でも発症することがあり、
さらにはどの人に、どんな薬で起こるのか、それすら全くわかっていません。

現在、日本では年間400人近くの人がこの病気になっていると言われています。
番組中のT・Yさんの突然の死の原因は、医師に処方された風邪薬にありました。
通常、体内に入った薬は、体の様々な場所の炎症を抑えてくれます。
しかしT・Yさんの場合、薬のある成分によって皮膚や粘膜の細胞が突然変異。
異物を退治する免疫細胞が、その突然変異した細胞を悪者とみなし、
激しく攻撃を始めてしまったのです。

喉の痛み、発熱、赤い発疹、目のかゆみ・充血、
それら全ては免疫細胞の攻撃によるものでした。
この病気の最も恐ろしいところは、いったん発症してしまうと、
猛烈なスピードで細胞の破壊が進んでしまうこと。
T・Yさんは、発症からたった2日で細胞の破壊が全身に広がり、
ついには多臓器不全を起こし、帰らぬ人となってしまいました。
T・Yさんが、唯一この病気に気づくことができたチャンス。
それはただの風邪ではありえない赤い発疹。
それこそが決して見過ごしてはならない症状だったのです。

薬の注意書きをよく見ると、こんなことが書かれています。
「服用中、発熱、発疹、紅斑等の症状が現れた時は、すぐに医師にお知らせください」

もし、T・Yさんがこの注意書きを読んでさえいれば、
最悪の結末をむかえることはなかったかも知れません。



********


作夜は2時間の特番編成だっただけに、見ごたえがありました。
わたしは市販薬マニア的なところがあるので、
他人事ではないな、と感じる2時間でした。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-25 12:12 | @情報バラエティ
浜口京子の顔
女子レスリングの浜口京子。
a0033643_12333840.jpg


惜しくも、銅メダルに終ったが、試合会場での彼女のひきしまった顔つきが、ふと、
a0033643_12334876.gif


松岡修造がレスリングスーツを着ているのかと見間違えてしまいました。
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-24 12:34 | @報道
終った冬ソナ
先日の放送で、NHK総合TVで放映していた冬のソナタ全20回の放映が終了した。

番組開始当初は、
話題性だけで観ていた部分もあり、
ストーリーの単純さに辟易してしまった感もあり、
「はぃはぃ・・」という感じで観ていたんだけど、
第5回目ぐらいから、引き込まれてしまい、終にそのほとんどを観てしまいました。

番組主題歌を歌っているRyu
先日、某歌番組に出ていました。
日本のアーティストでは、安全地帯のファンということで、
玉置さんの歌真似を披露していましたが
その歌も、あの主題歌も、どこか、ちょっと前の河村隆一を彷彿とさせました。

身長のコンパクトさ、といい、
なにもそこまで感情をそこに込めるこたぁなかろうに・・というような歌唱法。
具体的に言うと
ため息を多分に取り入れた唄い方。


たいていの場合
あの哀しげなメロディにあの歌唱法を載せると、
湿度高めを好む日本人にはウケないわけがないのです。

ファンの方、御免なさいmm
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-24 12:23 | @連続ドラマ
奇跡の扉 TVのチカラ
奇跡の扉 TVのチカラ

↑この番組
行方不明の家族を探してほしい、というのが主なテーマの番組。
警察が手放してしまった件や、事件性があると判断されなかった例などが多い。

昨夜、こちらの案件についてやっていた。

拉致されてしまったとか、そういう可能性よりも
本人の意思により、失踪している可能性が高いんだろうな、と感じた。
そういう場合、
このご本人がこの番組で自分の顔が出ていると知った場合、
たぶんものすごく焦っているだろう。

よく、「何故、電話の1本ができなかったのか?」と親族は言う。
わたしは失踪経験者なのでww
逃げている人の気持ちも解らなくもない。

これがきっかけとなって見つかったとしても
それが本当の解決になるんだろうか。
人間が生きていく、という背景にはそれぞれ10人居れば10通りのものがあり
10通りの荷物があるのが常である。

たまにこの番組を観るのだが、複雑なきもちで観てしまう。



神にもすがりたい、という探す側のきもちも解る。
霊媒師や祈祷師、海外からも占い師等を呼び、およそヤラセだろう?、と思わせるような
そんなショーもどきも見せる。
でもそんなことでも探している側の人間は、有り難がる。

なんだか微妙。

これもひとつの社会貢献なんだろうか・・・
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-24 12:14 | @情報バラエティ
探偵ナイトスクープ
探偵ナイトスクープ公式HP


この番組、関西を拠点に放映されているようで、
ここ関東では現在、2~3週間程前の再放送が土曜深夜(3:00過ぎ)から1時間、
放映されている。

3年程前まで、木曜深夜のやはり2:00過ぎぐらいの中途半端な時間から
放映されていたのだが
ある時から曜日変更になったのを知らず、もう終ってしまったものと思っていました。

ところが先週土曜日の深夜。
眠れない夜にテレビのチャンネルを試行錯誤していたら、なつかしいあテーマ曲が!

かれこれこの番組を知ってから15年ぐらいになるかもしれない。
かなり長寿番組であることは確かでしょう。




初代司会者(局長)は、上岡龍太郎。
彼は一時期、バラエティの司会者として一斉風靡を極めた人。
(京都でバンドボーイ時代に横山ノックに誘われて、
横山フック(現・青芝フック)らとともに漫画トリオ結成。
その頃の芸名は横山パンチ。

その後、横山ノックの政界進出に伴い漫画トリオ解散後、
関西・名古屋地区を中心にテレビ・ラジオで活躍。
80年代後半には司会者として東京進出にも成功する。)

そんな上岡は今、現在は引退してアメリカで隠遁生活。



アシスタント(秘書)の岡部まり。
彼女の、雰囲気が良い。
あれだけ、俺も!俺も!と前面に出たがる大阪芸人らの中、
そこでいつも同じ顔して座っている、というあの姿勢が、すき。

ちなみに彼女、二代目らしい。
一代目は、石田純一の元妻だった、松原千明だったとか。
その頃の放映をわたしは知らない。。







しかし、相変わらずの番組で、
こうも長年、変わらない番組というのもある意味、味が沁みこんでいるおでんのようで
いいなぁ、と・・・。

探偵依頼葉書に、
「いつも見ています」とか「毎週楽しみにしています」等と書いてある人は
本当に、深夜の放映を生で観ているのか?、調査してほしい、

という依頼に応えてのコーナーには、
顧問として忌野清志郎が出ての大騒動だった。
でもこれ、3年前にもやっていたような・・・ww

そういうところがウケルのかなぁ・・・
たまに大阪芸人さんのお笑いには、ちょっとわからないところがある。
客席のみなさんがなぜそこで大笑いしているのか、
笑いのツボが見えないときがあるのだ。


せめてこの番組でべんきょうをするとしよう^^

でも、関東での放映時間、
正確には土曜の深夜何時からなのぉ????
[PR]
by 003_Thief | 2004-08-23 12:02 | @情報バラエティ
アテネ五輪ヨット銀!
五輪=関・轟組が銅メダル、ヨット男子470級

[アテネ 21日 ロイター] 
アテネ五輪は21日、ヨット男子470級の最終11レースを行い、
11位でゴールした関一人、轟賢二郎組が総合3位となり、銅メダルを獲得した。
優勝はファースター、バーナム組(米国)。[ 8月22日 10時40分 更新 ]


a0033643_12515240.jpg

[PR]
by 003_Thief | 2004-08-22 12:51 | @報道