<   2004年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
秋の新ドラマ情報
9/27(月)スタート
タイトル 愛のソレア
毎週月~金曜 後1:30~2:00 
フジテレビ系
ストーリー  
「禁断の愛」をテーマに、昭和32年から60年まで28年間の壮絶な愛の物語を描く。
父を海難事故で亡くした美保(前田綾花)は、弟を養うため売春婦に。
売春宿の一人息子・洋一(半田健人)と恋に落ち心中を図るも失敗し、
やがて呉服店の久我(長谷川初範)の愛人に……。
荻野目慶子が波瀾(はらん)万丈のヒロインを演じる。

スタッフ&キャスト
脚本/小森名津 演出/佐藤健光ほか 
出演/荻野目慶子、前田綾花、半田健人、松下萌子、長谷川初範ほか 
主題歌/フェイレイ 制作/東海テレビ放送、泉放送制作 音楽/寺嶋民哉 





10/5(火)スタート
タイトル めだか
毎週火曜 後9:00~9:54(初回のみ後9:00~10:04) 
フジテレビ系
ストーリー  
寿退社を夢見る平凡なOLだったヒロイン(ミムラ)が、
定時制高校の教師に転身。
やる気のない生徒たちに悪戦苦闘しながら、
生徒たちと一緒に人間的にも成長していく姿を描く。
個性豊かな生徒と等身大のヒロインの激突に注目。
脚本は「いつもふたりで」(2003年、フジテレビ系)などで女性層に人気の
相沢友子さん。

スタッフ&キャスト 脚本/相沢友子 演出/木下高男、植田泰史 
出演/ミムラ、原田泰造、瑛太、須藤理彩、山本太郎、
泉谷しげる、小日向文世、浅野ゆう子ほか 






10/5(火)スタート
タイトル マザー&ラヴァー
毎週火曜 後10:00~10:54(初回のみ後10:10~11:14) 
フジテレビ系
ストーリー  
“マザコン”の男性(坂口憲二)と母(松坂慶子)、恋人(篠原涼子)の
奇妙な三角関係を描くコメディー。
劇団の俳優・真吾(坂口)は一人暮らしを始めるも、
女手一つで育ててくれた母・マリア(松坂)が気掛かり。
マリアもまた、真吾のいない生活に寂しさを……。
脚本は「ちゅらさん」(2001年、NHK総合)の岡田恵和氏。

スタッフ&キャスト 脚本/岡田恵和 演出/塚本連平 
出演/坂口憲二、篠原涼子、水川あさみ、金子貴俊、矢沢心、
蛍原徹、松坂慶子ほか 





10/7(木)スタート
タイトル ホットマン2
毎週木曜 後10:00~10:54(初回のみ後10:00~11:09) 
TBSテレビ系
ストーリー  
昨年春に放送されたホームドラマが復活。
4人の異父弟妹とまな娘に愛情を注ぐ
美術教師・円造(反町隆史)の奮闘を描く。
パート2では原作漫画を受け継ぎながら、新たなストーリーが展開する。
小学2年生になった円造の娘・七海(山内菜々)を中心に、
伊東美咲、白石美帆ら新キャストを迎えて、成長した降矢家を描く。

スタッフ&キャスト 原作/きたがわ翔「ホットマン」(集英社) 
脚本/樫田正剛 演出/中島悟、飯島真一、位部将人 
出演/反町隆史、伊東美咲、白石美帆、市川由衣、斉藤祥太、
斉藤慶太、山内菜々、黒谷友香ほか 
主題歌/エグザイル 






10/7(木)スタート
タイトル 大奥~第一章~
毎週木曜 後10:00~10:54(初回のみ後10:00~11:09) 
フジテレビ系
ストーリー  
昨年6月に放送された「大奥」(フジテレビ系)の
“誕生秘話”を描く新シリーズ。
前半の第一章では、
大奥を創設した2代将軍秀忠の御台所・お江与(高島礼子)と、
そのシステムを完成させた3代将軍家光の乳母・春日局(松下由樹)を中心に、
女性たちの愛憎を描く。豪華な衣装や映画に負けないセットにも注目したい。

スタッフ&キャスト 脚本/浅野妙子 演出/林徹 
出演/松下由樹、高島礼子、瀬戸朝香、西島秀俊、星野真里、
木村多江、渡辺いっけい、梶芽衣子、藤田まことほか 
主題歌/サザンオールスターズ 





10/10(日)スタート
タイトル 夫婦。
毎週日曜 後9:00~9:54(初回のみ後9:00~10:09) 
TBSテレビ系
ストーリー
田村正和と黒木瞳が「オヤジぃ。」(TBSテレビ系)以来、
4年ぶりに共演するホームコメディー。
通販会社の社長・太一(田村)と専業主婦の華(黒木)には、
25歳の娘・菜穂(加藤あい)と大学4年生の息子・順(塚本高史)がいる。
ある日、菜穂と太一の部下が結婚するという話が持ち上がるも、
寝耳に水だった太一は猛反対する。

スタッフ&キャスト 脚本/遊川和彦 演出/清弘誠、高成麻畝子 
出演/田村正和、黒木瞳、加藤あい、塚本高史、西田尚美、
大森南朋、羽田美智子ほか





10/11(月)スタート
タイトル こちら本池上署
毎週月曜 後8:00~8:54
TBSテレビ系
ストーリー  
椎名署長(高嶋政伸)率いる本池上署のメンバーが
事件解決に奔走するシリーズの第4作。
新人警察官役の佐藤藍子、新人刑事役の阿部薫という
フレッシュな2人が、新メンバーに加わる。
また、今回は「命」をテーマに、
ドラマの中でさまざまな親子関係を取り上げながら、
命の大切さ、家族の大切さを視聴者に訴える。

スタッフ&キャスト
原作/たかもちげん、やぶうちゆうき「警察署長」(講談社イブニング連載中) 
脚本/宮村優子ほか 演出/脇田時三、池澤辰也、大久保智己 
出演/高嶋政伸、水野真紀、金子賢、佐藤藍子、
阿部薫、伊原剛志、西岡徳馬、星由里子、橋爪功ほか 





10/11(月)スタート
タイトル ラストクリスマス
毎週月曜 後9:00~9:54(初回のみ後9:00~10:09) 
フジテレビ系
ストーリー  
「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)以来、
織田裕二が13年ぶりに“月9(ゲツク)”に登場。
「東京~」を手掛けた坂元裕二氏が脚本を担当するロマンチックコメディー。
人望厚いスポーツ用品会社の会社員(織田)と、
裏の顔を持つ秘書課OL(矢田亜希子)が
マンションで隣同士になったことから、恋愛騒動を繰り広げる。

スタッフ&キャスト 脚本/坂元裕二 演出/西谷弘、村上正典 
出演/織田裕二、矢田亜希子、玉木宏、森山未来、片瀬那奈、
メグミ、田丸麻紀、坂下千里子、坂本雄吾、りょう、伊原剛志、
加賀まりこ、児玉清ほか 
主題歌/織田裕二 





10/13(水)スタート
タイトル 相棒~警視庁ふたりだけの特命係~
毎週水曜 後9:00~9:54(初回のみ後8:00~9:54)
テレビ朝日系
ストーリー  
頭脳派刑事(水谷豊)と肉体派刑事(寺脇康文)の“迷コンビ”が
難事件に挑むシリーズ第3作。
初回の2時間版は豪華ゲストに注目。
木村佳乃が美ぼうの国会議員、西村雅彦が寺脇の恋敵、
竹中直人が寺脇の新たな上司として登場する。
第2シリーズ最終回に登場した永田町のドン(津川雅彦)も、
再び2人の前に立ちはだかる。

スタッフ&キャスト 脚本/輿水泰弘 
出演/水谷豊、寺脇康文、鈴木砂羽、高樹沙耶、岸部一徳、
木村佳乃、西村雅彦、竹中直人ほか 
監督/和泉聖治 






10/13(水)スタート
タイトル 一番大切な人は誰ですか?
毎週水曜 後10:00~10:54(初回のみ後10:00~11:09) 
日本テレビ系
ストーリー  
元妻と再会し心揺れる主人公と、
彼を取り巻く人間模様を描くヒューマンドラマ。
自分のブランドを持ちたいというパタンナーの妻・東子(宮沢りえ)の夢を支えるため、
刑事になる夢をあきらめた警察官の要(岸谷五朗)。
だが、2人は離婚。
3年後、路留(牧瀬里穂)と再婚した要は、
東子の住む町の交番に転属となる。

スタッフ&キャスト 脚本/大森寿美男 演出/佐藤東弥、長沼誠、鈴木元 
出演/岸谷五朗、牧瀬里穂、内藤剛志、佐藤隆太、
鶴見辰吾、吉田日出子、宮沢りえほか 





10/14(木)スタート
タイトル 松本清張 黒革の手帖
毎週木曜 後9:00~9:54(初回のみ後9:00~10:09) 
テレビ朝日系
ストーリー  
銀行に勤めて10年、窓口係の原口元子(米倉涼子)は、
銀行のトップシークレットである架空預金者のリストを
愛用の黒革の手帖に記録する一方で、横領に手を染めていく。
横領金額が1億2千万円に達した時、
ついに支店長・藤岡(小野武彦)や支店次長の村井(渡辺いっけい)の
知るところとなってしまう。と同時に、
元子は銀行から逃走。
返済を求める藤岡らに、彼女は横領した金を1円たりとも返す気はないと答える。
そのための保険が黒革の手帖だった。
銀行から逃走した日、
元子は以前からホステス修行を積んでいた銀座のクラブ『燭台』で、
ママ・岩村叡子(山本陽子)に「今日からは銀座だけで生きていく」と告げる。

スタッフ&キャスト 原作/松本清張「黒革の手帖」 脚本/神山由美子 
演出/松田秀知、藤田明二 
出演/米倉涼子、仲村トオル、釈由美子、室井滋、山本陽子、
柳葉敏郎、津川雅彦、小林稔侍、吉岡美穂、渡辺いっけい、
紫吹淳ほか 
主題歌/エンディングテーマ:「Here alone」安良城紅(avex trax) 





10/15(金)スタート
タイトル 3年B組金八先生
毎週金曜 後10:00~10:54(初回のみ後9:00~10:54)
TBSテレビ系
ストーリー  
誕生25周年を迎えたシリーズ第7作。
前作で教育委員会に異動となり桜中学を去っていた金八(武田鉄矢)が、
3年の歳月を経て、再び3年B組の教壇に立つことに。
そんなある日、ハンディキャップの弥生(岩田さゆり)が転入。
金八は、学級委員の健一郎(筒井万央)と祥恵(渡辺有菜)にだけ
事情を説明し、生徒たちを見守るが……。

スタッフ&キャスト 原作/小山内美江子 脚本/小山内美江子 
演出/福澤克雄、三城真一、加藤新 
出演/武田鉄矢、星野真里、佐藤泰臣、木場勝己、茅島成美、
森田順平、金田明夫、山崎銀之丞、深江卓次、小西美帆、
高畑淳子、鈴木正幸ほか 
主題歌/海援隊 音楽/城之内ミサ 






10/15(金)スタート
タイトル ミステリー民俗学者 八雲樹
毎週金曜 後11:15~深0:10(地域によって放送日時が異なります) 
テレビ朝日系
ストーリー  
「ビジネスジャンプ」(集英社刊)連載中の漫画をドラマ化。
大学助手の八雲(及川光博)が民俗学の知識を駆使し、
謎めいた殺人事件の真相に迫るサスペンスドラマ。
八雲と事件に巻き込まれたヒロインたちの恋の行方、
八雲につきまとう大学生・富良野(平山あや)との
“迷コンビ”ぶりも見どころ。及川は連続ドラマ初主演。

スタッフ&キャスト 原作/金成陽三郎、
山口譲司「ミステリー民俗学者八雲樹」(集英社ヤングジャンプコミックス) 
脚本/戸山田雅司ほか 演出/麻生学ほか 
出演/及川光博、平山あや、滝沢沙織、北川弘美、山口日記、
鳥越俊太郎、益岡徹ほか 





10/16(土)スタート
タイトル ナースマンがゆく
毎週土曜 後9:00~9:54(初回のみ後9:00~10:09) 
日本テレビ系
ストーリー  
女性社会の“ナースの世界”に飛び込んだ男性看護師の奮闘を描いたヒット作が、
2年半ぶりに復活。
今回の舞台は、看護師が患者の家庭を訪問して
医療的なケアを行う「訪問看護部」。
主人公の裕次郎(松岡昌宏)は経験を生かすチャンスと考え、
派遣要請を承諾するが……。
松岡は「新しいドラマとして楽しんでほしい」と語る。

スタッフ&キャスト 原案/小林光恵「ナースマンがゆく」(幻冬社文庫) 
脚本/梅田みか 演出/大谷太郎 
出演/松岡昌宏、香里奈、横山めぐみ、さとう珠緒、小沢真珠、
小野武彦、石黒賢、財前直見ほか 





10/18(月)スタート
タイトル 忠臣蔵
毎週月曜 後7:00~7:54(初回のみ後7:00~8:54)
テレビ朝日系
ストーリー  
オールスターキャストが話題の大型時代劇。
大石内蔵助(松平健)と吉良上野介(伊東四朗)の駆け引きはもちろん、
今回のドラマ化では内蔵助と妻・りく(田中好子)の夫婦関係に
スポットを当てる。
25年前の「赤穂浪士」(テレビ朝日系)で浅野内匠頭を演じた松平は
「50歳を過ぎたら内蔵助を演じたいと思っていた」と語る。

スタッフ&キャスト 脚本/古田求 
出演/松平健、沢村一樹、田中好子、桜井淳子、野際陽子、橋爪功、
江守徹、藤田まこと、北大路欣也、夏八木勲、津川雅彦、伊東四朗ほか 
監督/斎藤光正 





10/28(木)スタート
タイトル 新・京都迷宮案内
毎週木曜 後8:00~8:54 
テレビ朝日系
ストーリー  
新シリーズ第2作。
前作で杉浦(橋爪功)と同じ遊軍記者となった橘(野際陽子)が
社会部デスクとなり、再び杉浦の上司になる。
杉浦には、毎回必ずコラムを執筆するという制約が課せられ……。
第1話では「京都地検の女」(2003年、テレビ朝日系)の名取裕子、
船越英一郎、渡辺いっけいが、役柄そのままでゲスト出演する。

スタッフ&キャスト 脚本/西岡琢也 
出演/橋爪功、国生さゆり、小木茂光、市田ひろみ、北村総一朗、
野際陽子ほか 
監督/黒沢直輔、杉村六郎、藤岡浩二郎 
主題歌/唐沢美帆
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-29 15:23 | @連続ドラマ
ヨン様、日本のCM出まくり!
オロナミンCから始まり、
最近では、ミラ(車)のCMでドキっとさせられ、
ついには、au(携帯電話)のCMでハートわしづかみにされましたわ。

au携帯電話の国際ローミングサービス
「グローバルパスポート」の広告キャラクターに「ペ・ヨンジュン氏」を起用


このCMがものすごいの!!
ぺ氏が、日本の全然売れてないCMタレント相手に恋人モードを演じているんだけど、
短い日本語で「恋人です」とか、もう~!!!!
ぐっとくるセリフをいくつも言うのよぉ~~~~!!!! !


しかし、auも考えてるわね。
auユーザーのみに、このCMのメイキング映像配信をするなんて・・
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-29 11:15 | @CM
スペシャルドラマ エースをねらえ!

「岡、誰よりも強くなれ…これは、奇跡への挑戦だ」

公式HP

3月に終了した連続ドラマのその後を描く。
女子テニス選手が、コーチの死を乗り越え成長していく。
山本鈴美香原作、滝川晃代脚本、六車俊治演出。

アメリカで行われたテニスの世界ユースカップで
3位の成績を収め帰国したひろみ(上戸彩)。
コーチの宗方(内野聖陽)に報告しようとするが、
父親から宗方が病死したことを知らされる。

ショックを受けるひろみの前に、
宗方からひろみのコーチを頼まれたという桂(寺脇康文)が現れる。
しかし、悲しみに沈むひろみは、
ラケットを握ることすらできない状態になっていた。




宗方 仁 (亡きコーチ)役の …… 内野聖陽
a0033643_19293666.jpg

内野聖陽オフィシャルサイト


彼は舞台役者さん、というイメージが強かったんだけど、
わたしはこのエースをねらえ!を全編観て、もう彼のとりこになってしまいました。


この役での内野氏は、
かつてわたしの好きだった男性に似ていますww



このドラマ、昔、アニメとして観ていた世代のわたしとしては、
幼稚なようで実にお恥ずかしいのですが、かなりはまりました。
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-23 19:31
僕と彼女と彼女の生きる道SP
プレミアムステージ特別企画・僕と彼女と彼女の生きる道SP

「あの愛と絆を再び!徹朗と凛、涙の再会!!
愛しいお父さんに会うために初めて乗った新幹線の隣の席には…」


父と娘とのきずなを描いた人気ドラマの総集編。

離れて暮らす父親に会いに行く娘の様子を交えて送る。
橋部敦子原作・脚本、平野真演出。

凛(美山加恋)は東京に住む父親の徹朗(草なぎ剛)に会いに行くため、
新神戸駅から1人で新幹線に乗り込んだ。
自分の座席を見つけるが、
隣の若者(佐藤隆太)が寝てしまっていて座れない。
やっと席に着いた凛はその若者と親しくなり、
自分の生い立ちや離婚した両親のことなどを話し始める。




このドラマは全編、毎週観ていた。
2004年1月からフジテレビ系列で放送された
ヒューマンドラマ「僕の生きる道」シリーズの第2弾、ということで、

番宣CMでこのphoto →  をバックに

Reptilla という曲がとても気になっていたし・・・
(今もってこの曲、携帯着信音にしています、わたしw


出演者陣に、 ←大杉漣さん

 ←小日向文世さん

というのも、とても惹かれまして、まぁ、とにかく全編観たわけです。


今宵はその総集編みたいなもんでしたが

相変わらず、 ← 凛ちゃん(美山加恋)は可愛かった。

彼女の、「はいっ」といういいお返事に目頭を熱く押さえた中年お父さんは
少なくないだろう・・・




ところで、ドラマ中、流れている音楽。
わたしはトランペットの果てしなく広がるような音が
とてもココロ安らかに聴けたので、サントラが出たとき、すぐさま購入しました。
最初、聴いたとき、 ん?これなんだろう??、と、
モーリスアンドレからニノ・ロッシまで買いました。

the balloon has comeと題したこの曲は
アンドレにもロッシにも関係ない
Masatsugu Shinozaki Stringsのものでした。


とてもすきな曲です。
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-18 23:05 | @連続ドラマ
ラストプレゼント最終回
ラストプレゼント 公式HP

癌で余命いくばくかの母親と娘の心の機微を描いた連続ドラマだった。
母親役の天海はかっこいい。
仕事もイケてる業種でスタイリュッシュ。
かっこ悪いことが苦手なんだろう。

でも最後の最後、娘の「1日でも長く生きて側にいて」

の一言で変わる。変わろうとする。


静かな流れのドラマだった。
脚本は、秦 建日子
秦 建日子プロフィール頁

彼の描くドラマ、わたしすきです。



共犯者 日本テレビ系 2003/10/15 ~
出演者; 浅野温子、三上博史、池内博之、奥菜恵、佐野史郎、吹越満、石橋蓮司

最後の弁護人 日本テレビ系 2003/1/15~
出演者; 阿部寛、須藤理彩、浅野ゆう子、今井翼、金田明夫、松重豊、梅宮万紗子、
小野真弓、雛形あきこ、山下容莉枝、大滝秀治、國村隼


いずれもDVD発売されています。

他にもかなりのヒット作に脚本家として参加されていますね。



今日、ネット上にこんなものを見つけました。

秦建日子プロデュース 7
pain


pain、面白そう。
彼の戯曲には、色が載ったら面白そうだな、という未来が想像できる。
だから、好き。
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-15 23:24 | @連続ドラマ
人間の証明
人間の証明 公式HP

最終話を観た。
このドラマ、中、飛び飛びで観ていたんだけど、最終話を観れてよかったとおもう。

松坂慶子 演じる、郡恭子。
アクの強い女の役だったが、
蝋人形のように自分の過去を封印し生き続けてきた彼女。
最後の最後に風穴が空いて、すこしほっとしたよ・・・


母親は子を愛するとは限らずとも
子は、母親を求め愛しているんだ、という竹之内さんの台詞に胸が痛くなった。




かつて昔、ジョー山中がこの主題歌を唄っていたことをやっと想い出した。。
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-09 22:56 | @連続ドラマ
愛しい人との死別を扱ったドラマはずるい・・
ラストプレゼント
世界の中心で愛をさけぶ



今クールの連続ドラマで、唯一、きちんと観ているのは↑2本。
そのどちらも、
大切な人を死別というカタチで失う、そんな内容のドラマ。

そろそろラスト。
最終回に向けて内容が加速度を増してきた。

ずるいよ・・・ って思っちゃう。


だって、こんなドラマ観て泣かない人って、すくないでしょ・・
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-02 00:31 | @連続ドラマ
プロ野球界1リーグ制についてのこと
鈴木亜美ら“エール”球界1リーグ制に「NO」

a0033643_13355484.jpg



構造改革に揺れるプロ野球界で、
古田敦也会長を頂点とする日本プロ野球選手会が3日に
「決意!合併・1リーグ制NO!宣言」(双葉社、写真)を出版。
これに多数の芸能人たちが“エール”を寄せている。

 「巨人ばかりに有力選手が集まる球界の体質はどうもわからんね」と
俳優の山城新伍(65)がいえば、
西田敏行(56)も
「ひいきのチームだけではなく、パ・リーグの試合も見に行って応援しよう」。
歌手の鈴木亜美(22)は直筆イラストつきで
「絶対にあきらめないで…」とメッセージ。

ほかに和田アキ子、美川憲一、大友康平、杉本彩らの応援文も。
ファンあっての…は芸能人もプロ野球も同じだ。

ZAKZAK 2004/09/01




わたしは、野球については詳しくないので
とんちんかんなことを書くかもしれませんが、間違っている点があればおしえてくださいmm

パリーグ内で2社が1つになるかも、ということに待ったをかけた
livedoorの社長さん。
ならばわたしが買い取りましょう、とスポンサーを名乗り出たのがニュースになっていました。

それについての賛否両論、いろいろ出てましたね。

球団が少なくなれば1リーグ化になることは仕方がないことだと思います。
でもそれでは今、在籍している野球選手からリストラ要員が多数出る。
その球団のファンならずとも、プロ野球界全体が縮小化されるわけで
プロ野球ファンは反対派が多いというのもうなずける。


ならば、現状維持させるためにどうしたらいいのか。
署名活動や本を出すことなのか。
そもそも、資金不足が一番の原因でこのような話題がのぼったのではなかったのか。
著名人が応援すると名乗り出たからには
球団に資金援助をするとかの具体的な活動をしているんだろうか。
又、今、一時金銭的にしのげたとしても
今後、存続させる為には、野球場が満杯になるほどの集客が確認できるまでの間
資金援助も常に存続させていかねば
これは紙に書いた餅で終ってしまうんだ、ということに気づいているんだろうか。



ちなみに疑問なんですけど、
>「決意!合併・1リーグ制NO!宣言」(双葉社、写真)を出版。

とあるが、
この本の収益はどこに行くの??
資金難の為に統合せずにはおれないというあの2球団に寄付される為のものなの?
[PR]
by 003_Thief | 2004-09-01 13:33 | @報道