<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
アンフェアの真犯人はあんどうで良かったのだ



このつづきですが・・

粘着質ですみませんmm
最終回が一昨日、終わっているにもかかわらず、「アンフェア」の真犯人について
未だ、考えあぐねいているわたしです。

だんだんと、あんどうが真犯人で良かったのかも・・という考えに変わってきています。
あんどうの生い立ちとか、背景が最終話で初めて明かされたので
それ以前の回での彼に対してはノーマークだったわけです。


理由は今はまだ、うまく言えないんだけど
最終回って、
わたしのばあい
ふつうは観終わるともうそれでTHE・END的気分できもちのスイッチが切り替わるんだけど
なぜか、この「アンフェア」に関してはじぶんの中でスイッチが切れずにうだうだとかんがえています。

こういうパターンのドラマが以前にもありました。
かつて、こちらでも書きました。
で、DVDが出るのを待っても一度観ました。→ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏

ぐうぜんにも、「アンフェア」原作者の秦 建日子氏が脚本書かれています。

今でもとてもすきなドラマです。
[PR]
by 003_Thief | 2006-03-23 19:50 | @連続ドラマ
連ドラも最終回の時期・・・。



そろそろ今クールの連ドラも最終回の時期になってきた。
わたしは元来、推理ものをあまり好まない。
篠原涼子が主演ということで観ていた、アンフェア。

原作者の他の作品もすきだったので観ていたわけなんだけど、正直がっかりだった。
最終回で大どんでん返しは有りとは思うけれど
あそこまで怪しげな人を多く登場させておいて、最後にあいつかよ?みたいな??

さいきんのドラマの最終回は、いつもがっかりさせられるパターンが多い。
なしくずしにまるめこまれた感も否めず。


真犯人役の男優さんは、登場シーンはまんべんなく多かったし、
常に、篠原の側に居たわけで・・・
まったく、彼がもしや?みたいなシーンは出てこなかっただけに、をぃをぃ・・。と突っ込みたくなった。

原作本(推理小説)でもああいう展開なのだとしたら・・・
まぁ、本であればドラマの最終回の1時間強の間に説明しきれない随所があるんだろうけれど、
ざんねんでした。
[PR]
by 003_Thief | 2006-03-22 17:10 | @連続ドラマ
女房の顔を想像すると萎える男代表



a0033643_1053017.jpg ←大沢たかおがけっこう好き。




でも、女房に広瀬香美↓
a0033643_1054182.jpg

を娶ったと聞いたときは正直、萎えた。

広瀬の歌にはパンチもあるし一時期は某スキーメーカーの専属歌手の如く、一世風靡していたわけで
お好きな方も多いことでしょう。
わたしも好きな曲はあります。
ところが・・・

この昼ドラのテーマ曲、愛は特効薬 を聴いて、つらくなりました・・・・・。

なんだか未だにバブリーなノリ&時代錯誤な歌詞。
まぁ、それが狙いなのかもしれませんが
大昔のベンチャーズのような「テケテケテケテケ♪~」というリズムワーク。

申し訳ないけれど、わたしにとってはNGでした。


こういう曲をつくり、歌う女を女房にしている男として彼を鑑みると
いささか、と申しましょうか、一気に気が萎えてしまうわたしはおかしいのでしょうか?

すきな男に女房がいたとして、
男に惚れれば惚れるほど、女房の存在が気になるのが心情・・・。
かつていわゆる不倫な関係を持っていた男性宅に無言電話をかけたことがある黒い女です<わたし。

彼の奥さん、ってどんな人なんだろう?
どんな声してるんだろう?

そんな想いが溢れかえっての行為でした。



けれど、大沢たかお。
彼とわたしがもしもそういう仲になったとして、その女房のことを考えると、
ああいう女性と共に生活している大沢さん。
ああいうタイプの女性を生涯の伴侶に選んだ大沢さん。
なにげに趣味、というか、その人の価値観みたいなものまでが見えてきそうで
できればあのテの女性とは家族になっていてほしくない。

そんなこと思うのは可笑しいでしょうか。

「なるほどねぇ~」とうなづけるような女優さんであるとか、憂いを含んだ女性だったりすると
妙に納得できてしまうのですが・・・。


------


余談ですが・・・・・

この昼ドラの主演・六車奈々 →→→→→→→a0033643_11101647.jpg






当初、見たとき、この時間枠で「温泉へ行こう!」の女将だった
a0033643_11121241.jpg
 加藤貴子に見えてしまいました。
でもよくよく見ると違う・・誰かに似てる・・・・・そう!清水美砂だわ。a0033643_11133860.jpg

この方たち、同じ系列の顔をしている・・・。


おはなしは飛びますが、加藤貴子
彼女は以前、TBS系のドラマ・昔の男にも出ていましたね。
そしてそれには大沢さんも出ていらした。
このドラマ、当時けっこう需要の多かった内館牧子さんの本だったんですね。

内館さんのお顔って、何かに似ている・・・・・、とキリがないのでこのへんでやめておきます・・・あぅ。
[PR]
by 003_Thief | 2006-03-11 11:18