<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ ←公式HP

あらすじ: 20歳の誕生日、祝ってくれる友達もいないジローは、街で“彼女”と出会う。最高に楽しい一日を過ごすが、誕生日が終わる頃、彼女は姿を消してしまい、それから会うことはなかった。1年が過ぎ、去年と同じように一人で誕生日を祝っているジローの前に、“彼女”は現れた。必ずまた会えると信じていたジローは喜ぶが、再会した彼女は何だか去年と違うような…。実は、“彼女”は未来から送り込まれたサイボーグだったのだ!

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督と日本スタッフが組んだ、繊細でパワフルな“彼女”と、ちょっと頼りないジローのピュアで切ないラブストーリー。恋愛初心者のジローは、未来から送り込まれた“彼女”と共同生活をすることに。大食いで力が強く、ちょっと風変わりな“彼女”に、いつか恋している自分に気付くジロー。しかし、サイボーグの“彼女”に、気持ちが伝わるのか? 終盤に向かうに連れ、ジローの一途さが切ない。主演は、「ホタルのヒカリ」の綾瀬はるか、『恋空』の小出恵介。綾瀬はるかの小悪魔っぽさもキュートだが、小出恵介の三枚目っぷりもチャーミング。ダメ男もスマートに演じられるのが本物のイケメンの証なのかも。



どこを見ているのかわからないそんな綾瀬はるかの演技は、good。
ロボットにしては肉感的過ぎ?というボディではあったが
綾瀬の男性ファンとしたらたまらない魅力だろう・・・



a0033643_17241559.jpg


地震でのシーン、彼を何が何でも助けようとするロボットの彼女。
半身ちぎれた身体の彼女には泣けそうになった。




a0033643_17234037.jpg
















随所随所でやはり笑わせてくれるw
プログラムにインプットされた「彼が望むこと」はロボットの彼女としては必須なのだろう^^
最後の最後までバースディケーキに顔突っ込み、には
最初のそれとは異なり最後のそれには何となくせつなさを感じた。



現在、フジテレビ系でオンエア中の、絶対彼氏
これも、速水もこみちがロボットという設定なのだが
こういうのが今、ブームなんだろうか?


ふとおもう。
同じ血が通う人間同士でも相手を思いやれなかったり
自分のことしかかんがえなかったり、
そんな気薄な人間関係の昨今、
相手がサイボーグであっても心を通わすことができる、というテーマは感慨深いものではあった。
[PR]
by 003_Thief | 2008-06-07 17:36 | @映画