僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ ←公式HP

あらすじ: 20歳の誕生日、祝ってくれる友達もいないジローは、街で“彼女”と出会う。最高に楽しい一日を過ごすが、誕生日が終わる頃、彼女は姿を消してしまい、それから会うことはなかった。1年が過ぎ、去年と同じように一人で誕生日を祝っているジローの前に、“彼女”は現れた。必ずまた会えると信じていたジローは喜ぶが、再会した彼女は何だか去年と違うような…。実は、“彼女”は未来から送り込まれたサイボーグだったのだ!

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督と日本スタッフが組んだ、繊細でパワフルな“彼女”と、ちょっと頼りないジローのピュアで切ないラブストーリー。恋愛初心者のジローは、未来から送り込まれた“彼女”と共同生活をすることに。大食いで力が強く、ちょっと風変わりな“彼女”に、いつか恋している自分に気付くジロー。しかし、サイボーグの“彼女”に、気持ちが伝わるのか? 終盤に向かうに連れ、ジローの一途さが切ない。主演は、「ホタルのヒカリ」の綾瀬はるか、『恋空』の小出恵介。綾瀬はるかの小悪魔っぽさもキュートだが、小出恵介の三枚目っぷりもチャーミング。ダメ男もスマートに演じられるのが本物のイケメンの証なのかも。



どこを見ているのかわからないそんな綾瀬はるかの演技は、good。
ロボットにしては肉感的過ぎ?というボディではあったが
綾瀬の男性ファンとしたらたまらない魅力だろう・・・



a0033643_17241559.jpg


地震でのシーン、彼を何が何でも助けようとするロボットの彼女。
半身ちぎれた身体の彼女には泣けそうになった。




a0033643_17234037.jpg
















随所随所でやはり笑わせてくれるw
プログラムにインプットされた「彼が望むこと」はロボットの彼女としては必須なのだろう^^
最後の最後までバースディケーキに顔突っ込み、には
最初のそれとは異なり最後のそれには何となくせつなさを感じた。



現在、フジテレビ系でオンエア中の、絶対彼氏
これも、速水もこみちがロボットという設定なのだが
こういうのが今、ブームなんだろうか?


ふとおもう。
同じ血が通う人間同士でも相手を思いやれなかったり
自分のことしかかんがえなかったり、
そんな気薄な人間関係の昨今、
相手がサイボーグであっても心を通わすことができる、というテーマは感慨深いものではあった。
[PR]
# by 003_Thief | 2008-06-07 17:36 | @映画
ラスト・フレンズ


4月10日スタートのフジテレビ系ドラマ「ラスト・フレンズ」(木曜後10・00)

久々にずーんとくる連ドラ。
各々がも持つテーマが重い、ということもあるんだけど
10時台のドラマとしては完璧に近く成しているようにおもう。


a0033643_7503119.jpg



脚本は、浅野 妙子 氏。

ドラマ「大奥」の本を書いた人ということで、ようやく注目し始めていたという
世間知らずなわたしなんですがww

凄いな。の一言に尽きます。


出演者も皆、「役者を集めたな」という感。

長澤まさみ(20)、上野樹里(21)、瑛太(25) の3本柱には「まちがいない」という思い。




予告編の頃から
主題歌に宇多田ヒカル、ということで
(こちらのサイトさんで視聴(全曲)できます
こちらのサイトさんでは歌詞を見られます)

彼女の歌、また歌い方、息使いなど、
今回の上野樹里の役柄とこの歌が、ガツンとlinkしてくる感じですごくいい。

曲タイトルの Prisoner Of Love って、恋のとりこ って意味よね?
流石、かつての時代を風靡した藤圭子のDNA、と苦笑ww

余談だが、この曲の歌詞、聴かせ所というか、ヤマ部分の歌詞、
ポイントポイントで詩に濁点が多い。
「が」とか 「だ」とか ね。

これ、計算で詩を組んでいるのならなお凄い。
強調したい部分に濁点を持ってくることにより
また、それを連続させることにより更に、聞き手の感性を引きずり込む。





昨夜は途中から観逃してしまった・・あぅぅ。
[PR]
# by 003_Thief | 2008-05-09 08:02 | @連続ドラマ
クワイエットルームへようこそ


a0033643_16502887.jpg

クワイエットルームへようこそを観ている。
松尾スズキ氏のものと知り、
ツタヤで手に取った。

「観ている」というのは、
未だ全部観終えていないからだ。







閉鎖病棟に入院暦のあるわたしとしては
ちょっとこの映画、手に取ったことを後悔している。

つづきはまた書きます



a0033643_16564766.jpg



-----------


つづきです。
全部、観終えました。

映画の印象としては、メッセージ色の強い映画だったなぁ、ということ。
やわらかい生活 ←同じく にも出ておられた妻夫木聡氏。

彼はちょい役のほうがいい味出すね。
主役で出た映画よりもいい。

なんか切ない映画でした。
いかにも松尾さんとクドカン絡みの作品だなぁ、と感じました。



私的な感情でちょい脱線するんで、この後はこちらに書きます。
[PR]
# by 003_Thief | 2008-05-07 16:53 | @レンタルDVD,他♪
アルゼンチンババア
アルゼンチンババアをDVDで今更ながらに観た。

a0033643_17143014.jpg
鈴木京香はいったい何歳の設定だったんだろう?
皆、臭がっていたが何の臭いだったのか?

原作が、ばななさんと知りちょっとびっくり。




ぶっちゃけ、
あんまりぐっとくる映画ではなかった。
わざわざ映画館で上映するもんでもなかろう。
TVの2時間ドラマ枠で充分な気がしたのはわたしだけだろか?

唯一、役所さんは個人的に嫌いではないけれど、
この役柄の彼はおもしろいな、と。おもいました。
[PR]
# by 003_Thief | 2008-04-12 17:19 | @レンタルDVD,他♪