THE 有頂天ホテル ・ ALWAYS 三丁目の夕日


THE 有頂天ホテル を観た後で、ALWAYS 三丁目の夕日 を観た。

THE 有頂天ホテル は、「良いよ!」というお勧めの言葉を多方面から聞いていただけに
期待度大だったのだが
そのせいか、わたし的にはさほどでもなかったかな・・ww

で、欲求不満が残りそうだったのでその後もう1本、観たわけで・・・www



対比して、
ALWAYS 三丁目の夕日 はあまり期待していなかっただけに、ぐっときた。
親子で観れるいい映画だな、と思った。






THE 有頂天ホテル

三谷さんらしい映画だなぁ・・としみじみ笑える箇所が随所にあったね。
まぁ、あえての狙いなんだろうけど、主役クラスの俳優陣をよくもあそこまで揃えたな、と。

本の内容としては、正直、まとまりがなくて物足らなさが残ったがこれもご愛嬌、というところか。





ALWAYS 三丁目の夕日

子役に泣かされた。
見れば「あぁ、この人だったのね」と知る俳優なのに、なぜか名前がすっと出てこない、
そんな
云わば実力を備えた俳優陣に、むなぐら、つかまれちゃった感じ。
すきだなぁ。わたし、こういう映画。
[PR]
# by 003_Thief | 2006-08-29 00:38 | @レンタルDVD,他♪
程度の低い情報番組


給与明細 という日曜深夜枠の番組。→ 番組HP

a0033643_1144026.jpg


いかにもうさんくさそうな
テリー伊藤がやってる。




キャバ嬢の給与だとか住まいの紹介が続いていたのだが
前回の放送は、「ナンパ師」の給与明細というから笑えたww

で、この「自称:ナンパ師」なのだが、ルックス的にははっきり言って並以下。
コブクロのデカイほう、に似ている。<コブクロのデカイほうが嫌いなわけじゃないデスw<歌声すてきですし^^
決められた時間内に何人の女性の携帯番号をGETできるのか、で、「ナンパ師」としての腕の証明をする。

そしてそのナンパ、観ていて実に不愉快極まりなかった。

先々週放映のナンパ師にも気分を害したが、
土足でズカズカ人の領域に上がりこんでくる、そんなデリカシーの無さに辟易した。



そんなわたしも街中でたまにナンパに遭遇するw
無視しても目を合わさないようにしていても、
中にはしつこく背後からではなく横に寄り添って歩いてくる無礼な男もいる。
そんな際、決して「やめてください」とか「なんなんですか?」等と言ってはいけません。

そこから会話が始まってしまうから。
奴らはそれを狙っているのです。





これはわたしが過去、実際に経験した事実です。
都内渋谷のパルコ前で声を掛けられ、無視で歩いていたところ、数秒後、また同じ男が声。

やだな・・ついて来てる・・・・・

そう思いつつ、ナンパなのかキャッチなのか、
正直さほど忙しくもなかったその日のわたしは考えつつ歩を駅に向かって進めていたのデス。
すると、
後ろから
「お茶しない?」とベタな言葉。
無視しつつチラと顔を見る。
そしたら
「遊ぼうよ~」と。



ところがそいつ、



まじ、口、臭っ。




とても耐えられない口臭のキツサに、思わず鼻のあたりを手で覆ってしまうほど。
歯槽膿漏 + 前夜にニンニク食った 系の臭さに吐き気がしそうでした。


その口臭男はなおもしつこくついて来て、何か喋りかけてきているんだけど
もうその内容は思い出せないくらいに口が臭かった。

で、あろうことかその男、
背後からわたしの全面に回りこみ、「ね、ちょっとだけでいいからさ」みたいなことを言って来た。
たまらずわたしは、その男の顔面を指差し、


「口、臭っ。」



と、言ってしまった。まじ、涙がにじむほどの臭さだったのだ。

するとその口臭男、何も言わずに去っていった。




これは事実、遇った話なのだが、
嫌なナンパに対しての対応策として使えるのではないか?、と思い、
以降、しつこいナンパに対しては勇気を出して「口、臭っ。」を言うようにしている。


ほんとか嘘かは知らないが、
露出狂でコートの下、ちんこ丸出しのおっさん対策として、



見せてきたら・・・



「小っちぇえ~」




と言ってやるのが効くらしい、と聞いたことがあるが
それと同じ傾向対策に思う。
[PR]
# by 003_Thief | 2006-08-22 11:30
不信の とき
こちらのつづき ←

そろそろこのドラマも中盤に入ってきて思うのだが
これ、コメディ&ホラー??

脚本のつくりの加減なのかもしれないけれど、随所、「想像~」のシーンでホラーが入る。
番宣の予告CMでは、その「想像~」シーンが想像とは解らないままカット割で放映されるため
CMを観ると「次回はどんな破天荒なことになるのだろうか?」とそそられるのだが
実は想像シーンでの猫だましww

でもこの想像シーンが実にホラー。
出演者達の表情も、チープな再現ドラマかよ?w、と思えるほど大袈裟で逆にオモシロかも。



ドラマの展開が速い。
「3ヵ月後」「1年後」といったテロップをあまり頻繁に出すと
10時代の大人向けドラマとしては重みが下がるように感じる。



小泉さんの息子、幸太郎くん。
彼は唯一、このドラマで「いい男っぷり」を出せてますね^^
[PR]
# by 003_Thief | 2006-08-06 11:10 | @連続ドラマ
不信の とき ウーマンウォーズ


不信の とき ウーマンウォーズ ← を観た。

第一回目は観ていないのだが昨夜は第二回目。

ウーマンウォーズ、ってなによ?、とまず気に留まった。
スクール・ウォーズ を単純に連想してしまうじゃないかw






---- 今回は酷評です。関係者の方々、ファンの方々、お目にされないほうが良いかと思われww----


それにしてもなにゆえ、今、有吉佐和子 なのか? アン・ルイス なのか??


懐かしさゆえにオバちゃん層を咥えこみ、その上、若者層にも斬新さを売り込んでいるつもりなのか。

滑らないことを祈る。

昭和のにおいがするドラマだね。
いい意味での「それ」は好きだけど、これはあんまりいい意味での「それ」とは異なるかんじ。



銀座のクラブママで愛人悪女がはまり役の米倉さんを
今回は、貞淑な不妊に悩む妻に置いたのは、ある意味、「狙い」が読めてしまう。



音楽担当の、石田勝範氏。

この方、ドラマ劇中音楽家としては、なかなかの仕事をされてこられた方のようだけど、
今回のこのドラマの劇中音、なんとかならんもんか、とおもう。

なんていうのかな?
「フゥ~フゥ~~!♪」みたいな? そんな効果音は陳腐にしか聞こえない。残念。
[PR]
# by 003_Thief | 2006-07-14 11:20 | @連続ドラマ